2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.09.21 (Mon)

野田幸手園?

そもそも、管理釣り場というものが初めてである。
えさボウルに水を入れるのも緊張する。
隣の人に迷惑になったりしないだろうか。すこしおどおどする。

釣り座自体はすのこがあって、ちょっと高くできる。すいているところを選んでみた。
CA3A0272.jpg

こいつをひっくり返して釣るのですね。
座布団をひいて釣り開始。

竿:9尺
道糸:0.8号
ハリス:0.5号
針:5号
ハリスの長さ:20cm・25cm、途中15cm・20cmへ。
ウキ:自作、ボディ5.5cm、トップ:PCトップ10cm

ウキは先日ためし釣りをしたら、立ちが悪く、戻りも悪いような気がして、こりゃ失敗作か?と使用を迷ったが、とりあえず浮力をかせげて、風につよいだろうPCトップを、と考えて選択。・・・・というか、市販ウキなくして自作の3本しかもっていないので、ほとんど選択肢ありませんけど。

ハリスを結んで、浮き合わせして、えさをつくる。
今回は浅ダナ(規定の1m)の両ダンゴからスタートしてみよう。
浅ダナのダンゴといえば、「ガッテン」
これしかないでしょう。ほんと自分のような初心者でも使いやすい餌です。・・・・・というか、単品だとこれしか知りません。

えさ:ガッテン5:水1

ちょっと固めの餌を、なるべくピンポイントに送り込む。
1・2投目から、ウキに反応が!
これ、近所の公園だったらジャミあたりなのでしょうが、ここは管理釣り場。ヘラばっかりのはずでしょう。
間もなくズバっとウキが消しこむ。
グイグイと引っ張る力強さはたまらない。体ごともってかれるのかと思うぐらい。
CA3A0270.jpg
ほどなく1枚。そしてえさを打ち込むにつれて2枚。3匹目はクチボソ。うわ、ヘラよりつるのが難しいのを釣っちゃったよ。
ここで、反応があるため、ウドンのセットつりはしないことにする。セット用のバラケ餌を買って、わらびウドンをつくって持っていったけど、十分釣りになりそうだったから。

ガッテンは、粘りの強い軽めの餌だけに、柔らかくしたり、固くしたりが楽。様子をみながら手水をうって、餌の大きさを変えて。あまり上ずりもないため、大き目の餌が良かったように思う。
ウキがたってから、普通なじみ始めるのだが、時間がかかるときがある。ときにぴょこぴょこと動くぐらい。これをウケというらしく、ヘラが集まってきている証拠。ウキがなじんでから、「ズバっ」と消しこむあたりがよくのったようだ。どうもこれ、浅ダナの典型的あたりらしい。(にわかヘラ師が知ったかぶりしています)

昼のお弁当は予約しておくと桟橋まで持ってきてくれる。ほんといたれりつくせりだ。

昼前まで横風が強く、ウキが流れるなか、どうにか昼前までに19枚。自分の中では新記録。しかもほぼすべて30cmアップ。重いし、引くし、道糸はぶっちぎられるし(これはびっくりした)。しかしまあ、天気がよいのでほんと気持ちいい。何とか20匹つりたくて、夢中になってつりをした。

20匹に到達した昼過ぎからは、竿いっぱいにタナをあげるチョウチンという釣り方にチャレンジ。
餌はそのままwwww
やってみると、さわりがでなが沈んでいくなか、なじんだ後に「チクッ」という小さいあたりがでて、それであわせるとのった。これで1枚。1枚は途中でばれた。あまりあたらないので途中でやめたが、竿先すぐにあるウキの微妙な反応であわせるのが面白く、ロックフィッシを釣っているかのような底からのゴボウ抜きはなかなかいい感じでした。

その後浅ダナ両ダンゴにもどして、どうにか25匹に。
最後の1匹はとてもきれいで大きなやつでした。

CA3A0273.jpg

15:00になったので終了。
7時からの正味7時間、420分で25匹だから、16.8分に1匹ということに。
向かいの桟橋では例会をやっていたが、30kgで入賞みたいな雰囲気。約50匹ぐらいか?これだと8.4分/匹となる。よく釣る人だと100匹は超えるそうなので、すると4.2分/匹となる。取り込みや餌付けの時間もあるだろうから、ほぼ1投ごとにつれないと100匹いきませんね。・・・・・・すごい世界ですよ。


全体ととおして、その時々の状況にあわせて釣り方を変え、自分で時合を作り出す釣り。これが面白い。そして本当に奥が深い。まだまだその深さも見えない素人ではありますが。
今回、ガッテン単品のみでやわさと大きさのみで戦いを挑みましたが、ウキのなじみぐあいや、タナの深さ、バラけ具合の調整のために、他の餌での調整が必要と感じました。

浅ダナ一本:軽い餌。重さの調整に
天天:ちょっと重い餌。重さと粘りの調整に
バラケマッハ:バラケをつよめたいときに。
BBフラッシュ:軽くそしてバラケ性を弱めたいときに

次回のためにいろいろ調べて脳内シミュレーション。うーん、また餌買ってくるか。
重さと軽さ、バラケが大きいか小さいか、4象限の餌で調整が必要かも、と思わざるを得ないのでした。

CA3A0264.jpg

管理釣り場って、ヘラブナ釣りそのものの純度が高く、とても綺麗でつりやすい。怖い人もいなかったし。腕はへっぽこだけど、今日一日の満足度100%。あっという間の一日でした。


またくるぜ!!
スポンサーサイト
14:06  |  へらぶな  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

こんばんは。
すっかりヘラブナにはまっているようですね。
ブログを読んでいると正直分からないヘラ用語もたくさん出てくるんですが、とても「にわかヘラ師」には思えないですね。
釣りビジョンでしか見たことのないヘラブナの管理釣り場、1度行って見てみたいですね。
管理釣り場初めてで素晴らしい釣果だと思います。
大満足で帰ってこれて羨ましいです。
気弱なゴルゴ |  2009.09.22(火) 18:40 | URL |  【編集】

気弱なゴルゴさんこんにちは。
どうやらへらぶなというのは、関東地方のひとつの文化として成り立っているようで、みんなでゴルフにいくのと近い雰囲気があるようです。
道具も選ばなければ、初期投資はあまりかかりませんし、ゴルゴさんもぜひどうですか?おもしろいですよ~。
北海道だと、追分池というのがあるようです。
東京にこられる際にはご案内差し上げます。ぜひお声をかけてください。(車はありませんけど^^;)
FFyusuke |  2009.09.24(木) 10:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fyusuke.blog63.fc2.com/tb.php/38-cc1e53e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。