2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.29 (Sun)

The blazing sun

久しぶりの釣行で十勝に行く。
7月下旬ということもあり、暑いことは予想していたけれども、太陽は頭上でぎらぎら輝いていた。

P7280042 (400x300)

朝1番は上流域へ。一人見かけたぐらいで上にはだれも入っていない。
順序良く、上からやってみよう。思ったよりも浅い流れの中、何度かショートバイトに出会うがフッキングにはいたらない。scadit compact Int510grにMastery Speytip Int 13f110gr。それでもかわせるはずのストラクチャーになんどもフライをとられながら、川を下る。

下のほうでルアーの方が流していた。これまたテンポよく釣り下られていて、上から流していても気持ちがいい。途中下のほうに行ってみたくなって、静かに「どうですか?」だなんて背後から声をかけようとしたけれども、岩ごと滑ってしまって振り向かせてしまう。どうにもいつも自分はきまらない。
そんな自分とは対照的に両軸のリールを手に雰囲気のある釣りをされる方。さらに下にいる3人もご一緒の方達とうかがった。その下の方にもお声をかけて・・・・と思ったら、Yunさんだった。

P7280037 (400x300)

同じような道具立てで釣りをするのもあるけれども、Yunさんと自分の行く釣り場はかなり近いと思う。それでもなぜか釣り場ではあまり出会わず、コンビニとかで会うことが多かった。今回、短時間ではあったけれどもご一緒させていただいた。
釣り場についてご指南いただいたり、リールについてお教えいただいたり。本当はもっといろいろ聞きたいことがあったのだけれども、楽しい会話にすべてかき消されてしまう。まあ、次回の楽しみということで。そしてYunさんはもちろんのことご同行の方たちみな凄い上手。キャストから何気ない所作まで一つ一つがばっちり決まっていてまるで釣り番組を見ているみたいだと思いながら、わくわくして見学していたら、その中のお一人にいいアメマスが。本当に見ているだけで面白い。皆様にお相手いただいたこと、この場をかりて感謝申し上げます。

その後一度仮眠をとって、昼から中流域へ。ティップをT-10で10f、100grにしてみる。これがちょっときつめの流れの中思いの他具合がいい。そして何より安い。カット販売のを手に入れて、Type6相当のシンクレートのティップを得る。T-14だと10fで140grだし、ティップを100-150grにすると抜き取りがしやすいくアンカー抜けもなかった。

ちょっとした崖をおりて、また昇るの繰り返し。釣れないことよりも移動による体力の消耗がきつい。ショートバイトがヒットにつながらないのは上流と同じ。水量が少ないのもあって、途中からはずっと川通しに歩くことができた。
じりじりと照りつける太陽。
あえてフードをかぶることで日差しを遮ろうとする。体の周りをまわる夏のアブ対策というのもある。体の熱気は逃げることがない分、ふらふらになってしまった。それでも川の流れのどの位置に魚がいるのかを突き止めたくてひたすら下り続ける。ここにはいるはずと流し続ける。
P7280041 (400x347)

ようやく30弱のが1匹。
そして同じポイントで同じサイズがすぐにもう1匹。
これだけだった。
こんな炎天下でずいぶんと歩いた。軽い脱水症状か?よさそうに見える流れに何度も裏切られた。それでも今日のような暑い日で魚の定位している場所を突き止められたから満足だった。

フライは盛夏セット。

P7290043 (400x299)

次の日は同じ上流域にいってみたら、驚くほど口をとがらせた魚がたくさん釣れた。あきらめは早いくせして足元のランニングラインまわりでジタバタする魚。閉鎖水系であの体色と口先は固有種だろうか。野性味を帯びた魚体についてぜひつきとめてみたいと思うことはない。

その後また中流域へ。
ポイントを変えてひたすら釣り下ることになった。
さすがに家族と次の日を考えて昼にはStop fishing。
もっともっとと釣り下りたくなる欲求。これを確認できただけでもよかった。

そして川辺でいたずらに結んだフライ。
P7290044 (400x299)

初めて水中動画にも挑戦してみた。
どうにも尻下がりになる。改良の余地を確認。
ご参考まで。

Yusuke's Dirty Hoh


スポンサーサイト
23:14  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

yusukeさん、こんばんは。
お疲れさまでした。久しぶりにお会い出来て楽しかったです。それにしてもフィールドはどこも暑かったですね。脱水症状にはどうかお気をつけて下さい。こまめな水分補給が肝要かと・・・。
色々と研究されていますね。本当に頭が下がります。ひとりの釣りも面白いですが、何人かで行くと、色々と刺激があって、それはそれで面白かったりします。今度は是非ご一緒に。
ダーティフォー、テイルがラビットストリップなので水分を含むと結構重くなります。タングステンのコーンヘッドは結構高いので、5㎜ぐらいのブラスのコーンヘッドにワイヤーの組み合わせが一番安価な組み合わせかと。
Yun |  2012.07.30(月) 21:40 | URL |  【編集】

Yunさんこんにちは。
先日はお疲れ様でした。中流域で釣欲は下がらなかったのですが、太陽と体力が・・・。次回はペットボトル持参しようと思います。
研究といえるほどのことはなにもないのですが、周囲に聞ける人がいないため、安く合理的な道具を探してはみるもののだいたいは散財する結果となってしまいます。みなさんの道具や釣り方を見ていたら本当に勉強になりました。またご一緒させていただけたら嬉しいです。
ダーティーフォーについてはヘッドに重りを持ってくる理由がなんとなくわかりましたが、もう少し改良が必要なこともわかりました。ブラスコーンヘッドにワイヤーの組み合わせですか。さっそく取り入れさせていただきますね。
yusuke |  2012.07.31(火) 09:37 | URL |  【編集】

yusukeさん、こんばんは。
両軸リールのABUです(笑)
お名前は何度か耳にしていたのですが、お会いできて嬉しかったです。
フィールドではついつい釣りに夢中になり、まともな挨拶もせず失礼しました。
いつもの仲間内では唯一のルアーマンですが、またどこかでお会いできましたら、ゆっくりお話を聞かせてください。
今後ともよろしくお願いいたします。
ABU |  2012.08.01(水) 19:39 | URL |  【編集】

ABUさんいらっしゃいませ(笑
こちらこそ大きな音を立ててしまって。もう少し気のきいた挨拶でもできれば格好よかったのですけれど。
本流でのルアー、いいですね。釣れたルアーを拝見させていただいたり、流し方を見ているだけでも楽しかったです。
またすぐにお会いすることがあるかもしれませんね。
これからもよろしくお願いします。
yusuke |  2012.08.02(木) 22:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fyusuke.blog63.fc2.com/tb.php/118-6a9d4d62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。