2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.25 (Mon)

Temptation of JINGISUKAN

仕事でよく東北に行く。
秋になると必ず地元の人と芋煮会の話題となる。どうやら川辺であつまって鍋をすることらしい。野外で食するトン汁とかのイメージなのだろうか。最近はあまりやらなくなったよね~とか。デイキャンプといったらかっこはいいものの、スーパーで芋煮会コーナーとかみると、東北に住んでいない身としてはちょっとひいてしまう。この行事は東北一般における文化であり、歴史を感じるものでもある。

われわれはどこに住んでいるのか。それは北海道である。
歴史の浅いこの土地で文化といえる食は何か。それはジンギスカンである。

よく子供のころに外でジンギスカンを食べた。町内会でイベントがあるとき、家族で外遊びをするとき。はては学校でのイベントでも。独特の肉臭に野菜とタレの味。どんな材料を使おうともどんな料理法を駆使しようともすべてたれの味に支配される。田舎に行けばジンギスカンの看板をみないことはない。スーパーには必ず冷凍の味付けジンギスカンが。あの肉に玉ねぎ、もやし、ピーマン・・・・なんでもありだ。どうせすべてあの味になるのだから。
どちらかというと上等な食べ物とは思えない。道外からこられた人にジンギスカンを食させると必ずや満足してもらえる不思議な食べ物。不思議な形のなべとてんこ盛りの野菜とタレに漬かった羊肉。不思議なことに体感で料理できてしまう。

ここのところ北の本流へ出かけることが多く、せっかくだからと車中泊。コンビニ飯もなんだろうし、インスタントラーメンだけというのも味気ない。鍋ひとつででき、かつビールがうまい料理を想像していたらジンギスカンへとたどり着いた。テレビでやっている一カ月一万円生活というのを思い出す。キャンプの楽しみはこれに通じるものがあるのではないだろうか。不便と手間を楽しみながら、無駄な出費を抑えて最大限に料理の味わいを享受する。

【道具】
コールマンガソリンストーブ・スポーツスターⅡ
お手軽アルミ鍋
【材料】
玉ねぎ×1:50円
もやし×1:50円
ブナシメジ:100円
ピーマン×2:50円
肉×1袋:350円
発泡酒500ml×2:300円
真空パックご飯×1:100円



合計1000円のジンギスカン定食、ビール2本つき。
ここで220gの袋肉について。当初コストパフォーマンスを重視して250円のにしてみた。あきらかに屑肉であり、野菜に味がつけばいいやぐらいの感じでしかなかった。肉は野菜の間で見失うほどであった。しかし、これを350円にグレードアップした瞬間、肉が存在感をアピールし始めた。もう250円の肉には戻れなくなってしまった。その分野菜を家の冷蔵庫から拝借してもよろしい。

【作り方】
1.鍋に水を張ってお湯をわかす。
2.真空パックご飯を温める
3.お湯はとっておいてあとで洗うときに使う
4.鍋に油をひく
5.切った野菜と肉を入れてふたをしめる。
6.塩加減をみながら塩を足す

野外でビールの味を最大限に引き出す料理のひとつだと思われる。
だから大人たちはこぞってジンギスカンを食べるのか。

この前の土日の北の本流は厳しかった。
朝9時ぐらいについてあちこちさぐるも、寒さを感じ、風を感じる。どうってことないはずの風にもかかわらず、ちょっとだけラインスピードをあげたいという欲求がキャストのリズムを崩し続ける。そしてバックスペースの足りないところでAFSをキャストするのはかなりストレスということに気付いた。
第一のポイントについたとき、どこか心の片隅に奢りや慢心があったことは反省しなければならない。好調だった先週の続きの気分でドロッパー分も含めティペット交換すらしなかった。フライは初夏セット。ここは初めてのポイントだ。枝に竿をぶつけ苦労しながらキャストをして2・3投目。いきなり流芯でラインがとまった。この流れの中動かずに首を振る動きから、いい魚ということがすぐさま感じられた。
そしてこれから走る、という瞬間にばれた。
ドロッパーのティペットが結び目から切れていた。

悪い予感がした。自分の慢心を戒めるかのようなばれ方。リズムに乗れないキャスト。釣れない魚。悪循環の中、どうにかして先週までのキャストのリズムを思い出そうとするけれどうまくいかない。今回で4週連続となる中で少しずつ覚えたこの川のポイントを探る。途中ポイントの新規開拓をもくろむも、よさそうなところには車が止まっている。前週まででよかったところで何度かショートバイトがあったけれど、不思議と手にできない。こうなってくると変化の激しい重い流れをカバーするのが苦痛になってくる。
ああ、ジンギスカンとビールが恋しい。
もういいやと早々に見切りをつけてキャンプ場へと向かう。すべてをビールで洗い流そう。
うまくリズムにのれないのが悔しかったけれど、それを忘れさせてくれる夕食。

DSC_0514.jpg


二日目は昨日ばらした第一ポイントへ。ようやくチビ虹が1匹。その後32・3のがようやく一匹。流芯の中だったのでそこそこ楽しめた。あちこち歩いてチビ虹の溜まり場も見つけた。もっと川の流れをよく読んでうまく流せることができたなら、このポイントではきっとグッドサイズに出会えることでしょう。


キャストをいろいろ調整している中、気持ちよくとばせたAFSは、どうやらバックスペースを多く必要とするんじゃないかという結論。スペイキャスト自体を自己流でやっている中、しっかり竿に荷重を感じれるだけのラインの張りは大きめのDループを必要とするのかも。今後風が強いときもあるだろうから、もっとラインスピードをあげたいところ。ところが無理をしても思うようなループはできない。下手を強引にひいてみてもラインは暴れるだけだった。もう少し改善の余地があるかもしれない。

ちなみに現在試してみたのはAFSのフローティング460grに7fか10fのシンキングリーダー。条件があうときっちりとんでくれることは分かった。アトランティックサーモンのインター520grはシンキングリーダーをつけるとティップが抜けなくなった。どうにか投げたときには、流れの中で根がかりを連発しまくった。これについてはまた違う流れで試してみることとしよう。
本当はスカジットラインを使えばいいのだろう。これは来週の楽しみということで、540grのフローティングか510grのインターを合わせてみる予定。スカジットラインだとティップを何にするのかが迷う。100grぐらいからの重いティップを使えばいいのだろうけれど、沈みすぎないだろうか。うまく抜くことはできるだろうか。

キャストに迷い、ラインのセッティングに迷う。自分のキャストとフィールドでの要求にベストマッチしたシステムをもっと試してみなければ。これについてはほかの方のラインシステムもお伺いしたいところです。

*4週連続での車中泊、家族からクレームも出始めました。今週末はお休みしようかと思います。
スポンサーサイト
13:57  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

こんばんわ

ジンギスカン,昔はよく一人釣り旅でしていましたが,最近は面倒くさくてコンビニの総菜で一杯やることが多くなってしまいました。
今度是非一緒にやりましょう!!

さて,ラインですが,自分はAFSが大嫌いで一応購入しましたが,ほとんど使用せずに売ってしまいました(笑)個人的にはもし沈める釣りでスカジットラインを使用するのであれば,エアフロのスカジットインターをお勧めいたします。3Mのものよりもより沈めることができ,何といっても投げやすいです。

今度お会いした時に,ぜひ投げてみてください(^。^)
110-ken |  2012.06.25(月) 22:38 | URL |  【編集】

110-kenさんおはようございます。
どうもここのところおいしいビールが飲みたくてひとりごそごそやっていました。110-kenさんもやられていたのですね。夏はやっぱりジンギスカンでしょう!夜合流できるときには肉持参させていただきますから。
ラインの件コメントありがとうございます。AFSはあまりお好きではなかったようですね。これから流れの早いところを流す時期になってきましたのでエアフロのスカジットインター、ちょっと使用頻度をあげてみようかと思います。
yusuke |  2012.06.26(火) 09:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fyusuke.blog63.fc2.com/tb.php/114-1ac34087

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。