2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.21 (Mon)

Spey flies

 うちの娘達も4年生と2年生。一緒に遊びにいくには今が一番とよく言われます。そしてそのうち相手にされなくなるよ・・・・と。

 興味があるうちに浜益の鱒釣り堀に二人を連れていった。
 ロールキャストだけだけれど、上の子は自力で一匹かけた。あの渋いのをよく合わせられたものだと感心。下の子はラインが絡まってばかりで早々に飽きた。しかも魚がかかった竿を渡そうとしたら、「怖い!」とのたまった。まあ、3番ロッドで40cmのニジマスはきつかったと思うけれど、無事ランディングを終えたときには満足した様子?
 「私は釣りよりも作るのがすきなの。」
と個性を主張していた2年生。

 フライの楽しみとして、フライを自作する楽しみ、キャストする楽しみ、釣りをする楽しみというのがよくあげられる。
 周囲にフライをやる人がいなかったのもあり、自分一人で始めたころは、満足にフライも巻けず、キャストどころかラインが絡んで木々の枝と格闘し、釣りどころでなかったことを思い出す。それでもこの3つの楽しみについて一つ一つスキルアップするにつれて、釣れる場所も魚も増えていった。そしてダブルハンドのオーバーヘッドキャストからスペイキャストへと移行したのが2年前。確実に釣れる場所も広がり、魚のサイズも大きくなった。習得を目指すキャストの種類も多く、釣り場に即した実践的キャストの練習は課題にことかかず楽しいことこの上ない。まあ、釣れる魚の数は減少しているのだけれども。

 もちろん釣りは好きだけれど、下の娘と同じく3つの中では下手なタイイングが一番好きかもしれない。特に雑誌に出ている指定マテリアルやレシピに惑わされなくなってからはワンメイクのフライが増殖中。ゲテモノのようなフライから超お手軽フライまで。自分の中で起きた変化というか、あまり指定のマテリアルにとらわれることよりも、実際に釣り場でどのように泳ぐのかを想像するとわくわくする。しかし、8割方失敗します。120%の信頼をして流すことができないことも。すると、古典回帰というか、クラシカルな方面へと向かってしまう。やっぱり歴史と実績のある有名パターンというのは何かがあるのでしょう。
 フルドレスのサーモンフライは眺めるのはいいけれど、ファイバー一本にこだわって高いお金をかけるほどには財力にゆとりがないため、後年の楽しみにとっておくことにして、実践的で世界中のスペイ釣り師を惹きつけてきたであろうスペイフライはどうだろうか。以前はスペイフライというと、Black Kingぐらいしかしらず、こんなのでエビのイミテーション?!ぐらいにしか思っていなかった。
 あるときに伺った店舗で紹介されたBlack Kingのバリエーション。それを参考に適当につくった6番のサーモンフックに巻いたブロンズマラードウィングのフライ。当時はマテリアルもそろわず本当に適当に巻いた。ボディハックルなんてコックハックルだったし。そして巻いたことすらも忘れていた7月の阿寒湖で、何の気なしに桟橋から投げていたら、ググンときた。首をふり、縦横無尽に走り回り、桟橋の橋下に回り込み、ついにはぶっちぎっていったあいつ。サクラかもしれないし、ニジマスかもしれない。できそこないのスペイフライとともに去って行ってしまった。当時はダブルハンドすらもっていなかったのだけれど、こんな経験をしてしまったら当然のごとくスペイスペイとつぶやく毎日に突入。そこの店主に騙されたのか(?)、3/0のフックにシルクガットまで。当然ジャングルコックのケープやらブロンズマラードの大量購入やら。パートリッジって一体何種類のフックがあるんだ?と散財しつくした。ここだけの話、結局釣れたのは何もしらないで作った最初の1本だけ。本当は釣れるパターンのはずだろうけれども、実際の釣り方が追い付かず、実践を伴わないタイイングだったためか、釣り場に持ち込むと現場とフライのギャップにおののいて玉砕。こんな頭の中の妄想のためにどれだけのマラードをゴミとしたことでしょうか。
 
 そんな妄想をヒートアップさせた当時の参考書はこれ。



 名著だと思う。スペイフライのみならずディーフライの紹介まで。ブラックキングのバリエーションやレディキャロラインのオリジナルパターンレシピの考察など。さまざまなオリジナルと思われるフライパターン。なによりスティールヘッドを対象と想定としているだろうことがいい。フェザーひとつとっても特性や巻き方、はては巻く方向まで示している。どれが正しいというのではなく、こうするやり方もあるよ、という感じ。ディーフライのウィングの付け方を紹介している和書なんてないんじゃないだろうか?Glassoパターンとかフェザーウィングの可能性に痺れてしまいます。フライパターン、とくに本流フライのうんちくを見事に自分に対して蓄積させてくれた本。ちなみに、全然英文読めませんでした。

 その中で詳細な解説があるのが、ブロンズマラードの取り付け。この本を読むまでは一体何が正しいのだろうか?と一人迷っていたら、全部正しかった(笑)。垂直方向へ2枚一緒に取り付ける、垂直方向へ1枚ずつ取り付ける、水平方向に取り付ける。大まかにいってこの3種類だったかな?写真の解説は本当に親切。ただ、英語の解説だけでは、本当に巻けるのね。と感心するだけだったけれども。解説部分の知らない単語を調べてみるとattachとか単に取り付けるぐらいの意味しかないことに気がついて落胆したことだけは覚えている。こういうのは読むより見たほうがいいんだよなあとしみじみ。当時はどうしてもVerticalに巻けず、無理無理Horizontalに巻いていた。本当はVerticalのほうが好き。しかも、大きなサイズにしか巻けなかった。1/0とか北海道ではなかなか使えないし、投げれなかった。投げたときにはハックルが厚すぎたのかひっくり返ってみたり。流した瞬間ウィングが木端微塵になったり。以来、ブロンズマラードの取り付けが綺麗なフライを見ると本当に感心してしまう。誰か目の前でタイイングを実演してくれないかなあと切望したもの。

 そんな切望も忘れかけていたころ、今年の本流ハイシーズンを目の前に、鮭稚魚フライのオリジナルパターン作成にことごとく失敗する中、スペイフライ熱が再燃した。daiichiの2050で7番サイズだとどうだろうか。これだといつものウーリーバガーのサイズにかなり近くなる。なんといってもあのブロンズマラードの柄と色を実践で使ってみたい。そんな思いでネットを検索していたらついに見つけてしまった。

Tying the Purple Spey (Steelhead Fly) by Davie McPhail

Davieさんありがとう。長年の疑問がすべてこの動画によって氷解した。自分なりの疑問点としては、ファイバーの向き、合わせ方、留め方。おかげさまでVerticalもHorizontalもできるようになりました。細部はまだまだ下手ですけれど、ようやく実践で使いたくなるようなフライを巻くことができるようになった。本と写真、実践と失敗、そしてこの動画で得たちょっとしたコツ。それを包み隠さず公開している一流のタイヤーの実演が見られるなんて、インターネットって本当に凄いと感じずにいられなかった。おかげで大きめのブロンズマラードワンペアからだと4本ぐらいは楽に作れるようになった。

DSC_0459.jpg

 
正直たいして綺麗なフライでもないと思うので写真を載せるのが恥ずかしいぐらい。それでもひとつ乗り越えられた気分で 出来上がったフライをニヤニヤ眺める気持ち悪い毎日。
 早く泳がせてみたいものです。
スポンサーサイト
21:25  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

yusukeさん、こんばんは!
スゴイ!スペイフライは雰囲気がありますね!これなら眺めてるだけで、咥える魚を想像出来ます(^^)/
釣行前にタイイングすることが多い自分は、いい加減なワンパターンのフライばかりで、どんどん手抜きフライになっていきます。
この日曜は、朝6時位にはフレナイの奥に行っていますので、時間が合えばご一緒しましょう。
エンゴサク |  2012.05.22(火) 21:27 | URL |  【編集】

エンゴサクさんこんばんは。
お褒めいただきありがとうございます。
あとは魚に気に入ってもらえるといいのですが。
エンゴサクさんのフライは激戦区でもしっかり気に入られているじゃないですか。シンプルが一番だと思います。今度ご指南お願いしますね。
今週日曜ですが、娘の運動会ウィークと重なっているのですよ。土曜日が晴れてうまくかわすことができたら朝一だけでもお伺いしたく思いますので、ぜひぜひよろしくお願いします。
yusuke |  2012.05.23(水) 19:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fyusuke.blog63.fc2.com/tb.php/109-9db9857e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。