2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.20 (Tue)

フライボックス完成:2個目

もう少しだけ深さがあって、チューブやイントルーダーが収納できるやつがほしい。
そしてちょっとだけこだわった木を使ってみたい。

前回製作後、そんな欲求がわきあがった。

いろいろと木を探索していたのだけれど、ほしいメープルの模様がいろいろ入ったやつは高い。ギターやネットのグリップ材など、ハンドメイドの材料獲得競争が激しいみたい。
また、ネットで探索しても、運賃が結構かかる。ほしい材はなかなかちょうどよい厚さというものもなく、また、サイズも。

札幌市内の銘木店を訪れてみた。どこか職人気質の店の方に挨拶をして店内を物色させていただく。

目当ての木があった。サイズも値段も手ごろ。2cm厚で120×30cmぐらいで3000円しなかったように思う。アサダという木。カバノキ科のこの木、広葉樹で固くていい木なんだよな。北海道にも自生しているらしく、北海道では家具材としてもよく使われるみたい。
「この木は最近いいのがとれなくてね。摩擦に強くて固いから、よくジグにも使われるよ」
お店の人が教えてくれた。

前回のジグをそのまま流用。ただ、深さは前回よりも深くすること、トリマーで掘る平面をなるべくなだらかに。
いや、本当に固い。唸るトリマー。ときにあおりをくらって何か所か傷ついてしまった。
ジグがあったのと作業に馴れもでてきて半日もしないでくりぬくことができた。あとは傷ついたところを削って、表面を磨いて薄くすれば。と甘く考えていた。

手順通り蝶番面を平らに。なんだこれ。異常なほど固い。100番のサンドペーパーがあっという間に使い物にならなくなった。布ペーパーを使っても駄目。内側のちょっとしたへこみすらも消えない。

ここからが長かった。削っても削っても思うように磨けない。すぐ布ペーパーが駄目になる。恐ろしく摩擦に強い木ということがわかった。トリマーの掘り心地が非常に悪かったのもうなずける。
それでもどうにか仕上げました。3月末の釣りにどうしても間に合わせたかったから。

DSC_0408.jpg

一見普通に見える。

DSC_0409.jpg

しかし、目をつむるとこの形にするためのしんどい作業が。

DSC_0407.jpg

おかげで完成時の感動も倍増。気持ち悪いぐらいに開けたり閉めたりしています。
塗装は木固めエース。いい塗料です。

あとは釣り場にもっていくだけだ。



今週末、ほぼ1年ぶりにBig-TならぬBack-Tに出かけてくる予定です。


スポンサーサイト
22:20  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fyusuke.blog63.fc2.com/tb.php/103-c6e2f774

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。