2012年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.09.20 (Thu)

ブログ引っ越しします

ちょっとFC2が使いづらく感じてきたので
ブログ引っ越しします。

新ブログはこちら

Speywater in Hokkaido

これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
21:43  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.11 (Tue)

Hard rain

浜益川、鮭、2012年。
今年も事前調査がスタート。

今回はエンゴサクさんとご一緒させていただいた。
春より一度は行こうとお話はさせていただいていたのだけれど、なかなかタイミングがあわず、今回初めて実現できた。道中でお話をうかがっているだけでも楽しく、あっという間に現地についてしまった。
前日夜よりかなり激しい雨が降ったりしていたが、朝は一時的に晴れていた。現地の駐車場で準備をしていたときもひんやりした空気で、レインジャケットが苦にならない気温。

「雨が強くなるようなので注意してください」

受付の人に一声かけられた。
雨ぐらいだったらよかったのだけれども実際には4mの風が追加された。


朝一入ったポイントでは水量は平年並み。魚はいない。でもやる気のある魚は見つけてくれるだろうと楽にかまえていたら、例年のように水面がゴボゴボと波打った。やっぱりいましたよ、と首を振っている間にライン回収をしていたらフッキングが甘かったのだろう。ばらしてしまった。群れがあまりいなかった中、去年と同じヒットフライ、パターンだったので、今年もどうにかなるだろうと一人ニヤつく。しかし、その考えは甘かった。川全体でフライに反応する魚が非常に少ない。固まっている群れを見つけたとしてもフライラインにおびえる魚は案の定口を使わない。
それでも場所を交代後、またヒット。上流に一気に走るなか、またバラシ。
ここまでで8時ぐらいだろうか。これ以降釣れない時間が続く。それでも限られたポイントでそこそこ釣られている人もいたので、場所とタイミングなのだろう。やっぱり遡上魚は難しい。

この後雨風は強さを増し、体力的には消耗するも魚を追いかけて眼ばかりが血走っていた。あちこちうろちょろしたのだけれど、小さなポイントで一匹ばらして終了。

全体で200人以上いた中、40匹しか釣れなかったようだ。
そんな中、朝一番のチャンスを逃してしまったことが悔やまれる。自分のフライに反応はあったことは収穫かもしれないけれど、悔しさだけが手に残る。

帰りの道中、やっぱり遡上魚はタイミングということで結論となったけれど、それでも二人してまずは1匹と固く誓ったのでした。個人的には熱くなれてたのしかったのですが。鮭に限らずぜひまたご一緒させてくださいね。

P9090011 (500x367)


23:24  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.09.02 (Sun)

I keep trying

常に挑戦し続けることが自分らしさだろうか。
そんなことをぼんやりと考えながら、久しぶりの北への日帰り釣行。

目下の課題は本流で大きな鱒をつること。
そこに大きなフライで釣るという目標が加わった。

P9010002 (338x450)

季節がすすみ秋の入口を感じさせるのは、気温だけではなく、台風から伸びた雲がもたらす川の濁りもあるからかもしれない。ハイウォーター、マッディーウォーターはビックフライをためすにはちょうどいい、と川に向かう自分を勇気づける。

P9020010 (450x353)


1ヶ所目は自信のポイント。ちょっと水が多めで怖いかな。30cmぐらいで足元の石がみえなくなる。こんなときのためにとセパレートフックのゾンカーを結ぶ。濁度は8ぐらい。岸際にできた深みには大きな鱒が潜んでいて、黒い大きなフライをみかけた瞬間、あわてたようにとびかかるはず・・・、って本当に来た。
小刻みな首ふりから、鱒であることは間違いない。せっかくビックフライで掛けた一匹なだから慎重に。ランニングラインを巻き終える頃、魚の動きが止まった。これは最初の想像よりもでかいかもしれないと、気を引き締める。クリックドラッグは相当に頼りないことは検証済みだから、左手でパーミングの準備もした。さあ、走るぞ、とギュンときた瞬間、あっけなく外れてしまった。
かなり悔しかった。ひさびさのグッドサイズ。そしてこれでスイッチが入ってしまった。こんな大きなフライに魚が反応するということに驚きと、この1バイトでしばらく釣りができるとニタニタしてしまう。

ローカル線の駅にして4駅ぐらいは楽に移動している。2か所目のポイントでは本命のポイントではかすりもしなかったくせに、川が合流する緩んだところ、水は浅いのにかかった瞬間にジャンプして逃げて行った虹鱒。これについてはサイズはそんなになかった。ここでも反応があったことに気を良くする。
その日の最下流のポイントで真昼間にようやく1匹。

P9010009 (450x338)

あらためて写真でみるとこんな下劣なフライによくくいついてきたもんだと感心してしまう。

P9010003 (450x338)

朝はひんやりと心地よかった空気も湿度の高い青空と夕立のような雨にあたったりと、夏の気配はぬけていない。
まだまだ秋というには早すぎる。それでもここのところ自分のお気に入りである、北米のスチールヘッダー達がウィンターランで使うようなフライで3回も魚がかかったことに対して、また挑戦してみようかと思う。
大きなフライで小さな鱒は掛けれたので、次はばれてしまった魚のような大きいやつを、大きなフライで釣りあげてみたい。まずは川の鮭でバラしの神様をはらってもらうことにしよう。

P9010006 (331x450)
23:14  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。