2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.31 (Fri)

More mature

知床の旅へ行ってきた。

P8260089 (400x297)

今回はYunさんたちのグループにご一緒させていただいた。

P8250075 (400x300)

今年のカラフトは群れが薄いとは聞いていたけれど、オーバーヘッドでないとまっすぐ飛ばせないような風の中、魚の居場所を特定するのが非常に難しかった。
1日目はばらしてばかり。とくに夕方誰もいない河口でばらしたときは猛烈にショックだった。あたりはあったのに釣りあげられなくて、焦燥感ばかりが先にたつ。未熟な自分はそのまま酒の量へとつながってしまった。
タチのすり身を超える味の白子、カラフトマスのガーリックソテー、みんなで食べるジンギスカン。
グルメ細胞が一気に進化した。

いつ寝たかわからないまま、朝を迎えヨタヨタと魚を目指す。みながポイントに散らばったあと、昨日よかったポイントをサーチ。あ、1ヶ所残っていた。群れが必ず通るところ。風の具合もちょうどいい。ただ、ぐるぐるラインをふりまわさなければいけないので、自分ひとりでポイントを独占してしまった。まあ、釣れたあとに誰かきたら譲ることにしよう。

P8260093 (400x300)

2日続けて10回以上ばらした。中にはスレがかりと思われるものもあったけれど、明らかに口にかかったというときにばれた魚はショックがでかい。かかったのはすべてただの赤いゾンカー。群れが薄くてチャンスが少ないので、試してはみたけれど粘ることができなかった。どうしてバレルのかな、という話の中、しっかりと追い合わせをしたほうがいいと聞いた。あとは、風が強くてもしっかり先までターンオーバーさせることかな。
過去、魚がいないところを粘って何度も失敗した経験が生きた。今回は2日かかったけれども、魚が群れでまわってきて、フライラインをキャストできる場所を特定することができた。危うく1匹も釣れないまま終わるかという中、どうにかお土産もできた。後で聞いたら、他の方たちも狙っていた場所だったらしい。

カラフトで効果があるのかもよくわからなかった新作フライ。帰りの道中、秋の本流虹鱒用スペシャルは試すことができた。釣れたので、B.H.E.L.とでも名付けてみようか。略してビヘイル。うわぁカッコ悪!こりゃだめだ。

P8260096 (400x300)

1キャスト目でヒット。釣れちゃったという感じですが、新作フライにきちんと反応してくれたのが素直に嬉しかった。

P8260099 (400x300)

カラフトマスという夏の儀式を終え、雨上がりの山上湖にかかった霧は、秋の釣りを期待させるに十分な雰囲気を感じさせてくれた。
夏を終え、自分の中でなにかが変わったというか、成熟したかのような感触を味わう。
一皮むけたと自分でいうのもなんだけれど、2日間の紫外線で、実際に自分の顔の皮がボロボロと剥けることとなったのだから。
スポンサーサイト
00:03  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.08.09 (Thu)

Waste of money

先日東京で打ち合わせがあった。
毎度のことだけれども必ず飲み会がある。最初の2・3回は最後まで付き合ったのだけれども、宿泊を前提としているためか必ず深酒となる。反省。そこで最近は一次会で逃げることにしている。

会計をすませたあとふらふらと皆と別れ、気が付いたら釣り具屋にいた。
いつもインターネットや米国屋釣り具で済ませることが多い自分、専門店へために足を踏み入れると、やられてしまう。どれもこれも自分のツボを刺激してしまう。



本当はウーリーバガー用のソフトハックルを探しにきたぐらいの気持ちだった。

フライパッチが壊れていたよなあ、お、格安の発見、とカゴへ。

シンクレートでType3で100gr・10ftのやつほしかったんだよ、よしよしあった、とカゴへ。

そういえばもうそろそろスカジットコンパクトの510grがあってもいいんじゃない?、とAirfloのラインを探すと、ショーケースの上に山積みになっていた。よく読めないけれどフローティングで510grだったらいいか、とカゴへ。

その脇にダーティーフォーの実物が転がっている。うーんなんてナイスなフライなのだろう。やっぱりオーストリッチだよね。マジックでの書き込み感がなんともいい。意外とピンクやホワイト系もいいんじゃない?、と細部をジロジロみていたら、skagit master3のDVDが山積みされていた。もう自分をひきとめるものはなにもない、とカゴへ。

ショーケースの中のリールで輝くリールたち。ほしいリールの価格はなかでも一番高かった。とりあえず触らせてもらったけれど、工業用品としての品質はいままで触ったことのあるリールの中でもピカイチだった。ただ、名前入れサービスは直接自分でアメリカに送らなければいけないとのことだった。おっと、これはカードで買いませんよ。

ここまできたら急に勢いづいた。リールの欲求不満を晴らすかのように大して機能もよくないクリッパーとかのアクセサリーを買ったり。あちこち目につく小物が全部ほしくなってきたぞ・・・・。とここで蛍の光が店内に流れ始めた。

気が付いたら17000円を越えていた。当然カード決済。
いやいやいいんだ、いつかは買うものだし。高速代をけちったり、余計なときに遠出しなければガソリン代が浮くし・・・。とひとりニヤニヤしながらホテルについた。

とりあえずラインをチェック。ん?ラインの色が違うぞ?あ!名前も違う!!「skagit compact」ではなく「rage compact」になっている!
返品も考えたけれど、AFSとスカジットラインの間ぐらいのラインという触れ込みでちょっと使ってみたくなって、落ち着きを取り戻す。
その後ノートPCにさっきのDVDを写してみる。さあ、今夜は北米ナイトでゆっくりとしよう!気分はスチールヘッダー。やっぱり川はいいよね・・・・・と思いきや、ほぼ全編フライタイイングとその泳ぎについてのものだった。見終わったとき、正直、これだけ?と思った。決して興味のないものではないのだけれど、これだと、youtubeとあまり変わらない気が・・・・・、いやいやいけない。さまざまなアイディアが盛り込まれたタイイングはためになるだろう。ただ、自分の希望していたものとのズレが大きくてかなりがっかりした。

家に帰ってから買った物をあらためてチェックすると、どれも今すぐにはいらないものばかり。というか、シラフだと買わないものばかり。最低でも1万円はいらないものを買ってしまっている。
うーん、この出費は痛い。それでも元をとるかのようにDVDを繰り返し見る。すると目がだんだんと大きなフライに馴れてくる。

DSC_0541.jpg

カラフトのために巻いたゾンカーはスペイフックの5番になっていた。
最初はシンプルに小さめで大量生産を狙っていたのだけれども。

DSC_0542.jpg

やっぱり作っちゃいました。Dirty Hoh。

【Material】
・フック チヌ用5号、フロントフックもチヌ用5号:ダーティーフォーだとイントルーダーと違ってスペースをあまり必要としないんじゃないでしょうか。
・ボディー UVシェニールレッド:いつものキラキラでボディーのベースをつくる。
・カラー フォックスファー・オレンジ:付け根の捨てるところをフレアさせて土台を作る。
・ハックル オーストリッチ赤:マジックで色を塗って、ダビングループでツイスト。水中で膨らむようにカラーをつぶさずふわっと膨らむように。

(タイイングをしているとこのあたりでだんだんと自分の目つきがおかしくなってきているのがわかります。)


・フラッシュゴールド:さらにケバく、輝きを増すように。
・ヘッド チェーンボールアイ:一番大きなサイズをつけてみるけれど、中は空洞なので意外と軽くなってしまう。


できあがったら、もう少し改良したり色違いが作りたくなってきて・・・・・。

DSC_0543.jpg

いろいろと巻いてみたら、ハックルはマラブーだと毛玉にしかならないように思う。ねらったふんわり感はオーストリッチでないとでないでしょう。あちこちでオーストリッチの色違いを揃えてしまいそうな予感。

海だとバランスが悪くて使いづらいだろうとか思っていたくせに、いっぱい作ってしまいました。結局一番使うのはゾンカーなのにね。もしDVD見たい方がいらっしゃいましたらお声かけてください。
11:04  |  fly  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。