2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.29 (Sun)

The blazing sun

久しぶりの釣行で十勝に行く。
7月下旬ということもあり、暑いことは予想していたけれども、太陽は頭上でぎらぎら輝いていた。

P7280042 (400x300)

朝1番は上流域へ。一人見かけたぐらいで上にはだれも入っていない。
順序良く、上からやってみよう。思ったよりも浅い流れの中、何度かショートバイトに出会うがフッキングにはいたらない。scadit compact Int510grにMastery Speytip Int 13f110gr。それでもかわせるはずのストラクチャーになんどもフライをとられながら、川を下る。

下のほうでルアーの方が流していた。これまたテンポよく釣り下られていて、上から流していても気持ちがいい。途中下のほうに行ってみたくなって、静かに「どうですか?」だなんて背後から声をかけようとしたけれども、岩ごと滑ってしまって振り向かせてしまう。どうにもいつも自分はきまらない。
そんな自分とは対照的に両軸のリールを手に雰囲気のある釣りをされる方。さらに下にいる3人もご一緒の方達とうかがった。その下の方にもお声をかけて・・・・と思ったら、Yunさんだった。

P7280037 (400x300)

同じような道具立てで釣りをするのもあるけれども、Yunさんと自分の行く釣り場はかなり近いと思う。それでもなぜか釣り場ではあまり出会わず、コンビニとかで会うことが多かった。今回、短時間ではあったけれどもご一緒させていただいた。
釣り場についてご指南いただいたり、リールについてお教えいただいたり。本当はもっといろいろ聞きたいことがあったのだけれども、楽しい会話にすべてかき消されてしまう。まあ、次回の楽しみということで。そしてYunさんはもちろんのことご同行の方たちみな凄い上手。キャストから何気ない所作まで一つ一つがばっちり決まっていてまるで釣り番組を見ているみたいだと思いながら、わくわくして見学していたら、その中のお一人にいいアメマスが。本当に見ているだけで面白い。皆様にお相手いただいたこと、この場をかりて感謝申し上げます。

その後一度仮眠をとって、昼から中流域へ。ティップをT-10で10f、100grにしてみる。これがちょっときつめの流れの中思いの他具合がいい。そして何より安い。カット販売のを手に入れて、Type6相当のシンクレートのティップを得る。T-14だと10fで140grだし、ティップを100-150grにすると抜き取りがしやすいくアンカー抜けもなかった。

ちょっとした崖をおりて、また昇るの繰り返し。釣れないことよりも移動による体力の消耗がきつい。ショートバイトがヒットにつながらないのは上流と同じ。水量が少ないのもあって、途中からはずっと川通しに歩くことができた。
じりじりと照りつける太陽。
あえてフードをかぶることで日差しを遮ろうとする。体の周りをまわる夏のアブ対策というのもある。体の熱気は逃げることがない分、ふらふらになってしまった。それでも川の流れのどの位置に魚がいるのかを突き止めたくてひたすら下り続ける。ここにはいるはずと流し続ける。
P7280041 (400x347)

ようやく30弱のが1匹。
そして同じポイントで同じサイズがすぐにもう1匹。
これだけだった。
こんな炎天下でずいぶんと歩いた。軽い脱水症状か?よさそうに見える流れに何度も裏切られた。それでも今日のような暑い日で魚の定位している場所を突き止められたから満足だった。

フライは盛夏セット。

P7290043 (400x299)

次の日は同じ上流域にいってみたら、驚くほど口をとがらせた魚がたくさん釣れた。あきらめは早いくせして足元のランニングラインまわりでジタバタする魚。閉鎖水系であの体色と口先は固有種だろうか。野性味を帯びた魚体についてぜひつきとめてみたいと思うことはない。

その後また中流域へ。
ポイントを変えてひたすら釣り下ることになった。
さすがに家族と次の日を考えて昼にはStop fishing。
もっともっとと釣り下りたくなる欲求。これを確認できただけでもよかった。

そして川辺でいたずらに結んだフライ。
P7290044 (400x299)

初めて水中動画にも挑戦してみた。
どうにも尻下がりになる。改良の余地を確認。
ご参考まで。

Yusuke's Dirty Hoh


スポンサーサイト
23:14  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2012.07.16 (Mon)

Camp! 2012

夏はキャンプだ、と家族の行事にするのにどれだけ手間暇かけただろうか。

自分、アウトドアマンではありません。
虫嫌いです。
最近は蛾や毛虫をみるだけで鳥肌がたちます。
あんだけカブトやミヤマをさわっても、その幼虫やサナギと戯れても大丈夫だったのにねぇ。

鉄鍋という響きに憧れてしまって早10年。
キャンプのキの字も知らないし、炭の火の付け方も知らないくせして調子にのってLODGEの12インチダッチオーブンを通販で買ったのが最初。テントも椅子もテーブルもなーんもないのに。次にかったのは釣り下げる三脚だったかな?典型的な脳内キャンパーとして始まった。影響を受けたのはFlyFisherに連載されていた菊池仁志さんの記事。鶏の丸焼きという言葉にどれだけ憧れたことか。
この鉄鍋を使いこなすがためだけにうちの家のキャンプは存在した。鉄鍋のない家族キャンプなどない。
そして過去何度も失態を演じた。
火力が全然足りずにみかねた隣の方から炭をわけてもらったこともあった。
カセットコンロでさくっと炊飯する嫁の横で、たかがカレーに悪戦苦闘。見かねた嫁に「あんたの鍋がねえ・・・・。」と知床のキャンプ場で愚痴をこぼされた時には情けなくなった。
出来上がった丸鶏で盛り上がる家族の目の前で、1羽丸ごと地面に落としたこともあった。

それでもようやく無理強いではなく、家族行事として成立するぐらいキャンプのリクエストがでるようになった。そんな中、今年の課題を立ててみた。
それは焚火。
もちろん料理は鉄鍋。そして焚火といえば飯盒。家族キャンプで初めての登場となるこいつを使って炊き込みご飯はどうだろうか。家族のリクエストも鶏の丸焼き。デザートはマシュマロ焼きにしてみよう。子供を寝かしつけたら焚火の前でチビリとやってみたい。
週末、そのすべてをやってみた。


初めての焚火なので、ホームセンターで薪を買っていったけれど、ひとしばりはあっという間に燃え尽きた。
火が落ち着くまで30分、飯盒に30分、ダッチオーブンで90分、合計3時間弱もやすには2縛りちかく必要かな?次回は海岸ででも枯れ木をひろってってみよう。飯盒もダッチオーブンも焚火が最高に似合う調理器具ということに気付く。とくにダッチオーブンのすすけ具合は焚火の暴力的な火のおかげで自分が長年求めていた色に落ち着いた。しかも多少の火力の変動には動じない。10年寝かし続けた三脚もフル活用できた。

DSC_0522.jpg


まずは30年ぶりの飯盒に成功。どきどきしながらあけてでてきた鶏の炊き込みご飯はいい感じで炊けていた。音がしなくなるまで20分ぐらい火にかけていたけれど、もう少し火にかけてみてもいいかな?食べ残しはおにぎりにしておく。
鍋の中に底あげ用の金属の皿?をいれてみたら、全然焦げ付かなくて、取り出しに成功、おなかの下もおいしく食べれた。取り分けると腹いっぱいにつめたニンニクの香りが食欲をそそる。おなかからでてきたのでニンニクの卵だと、娘達も大喜び。甘く柔らかいニンニクは絶品。大人は丸ごとの玉ねぎの甘さを堪能し、ナイフで切れる丸ごとのニンジンは砂糖を使ったグラッセよりも上品な甘さに仕上がる。ほくほくした皮つきのジャガイモにはバターがいらなかった。料理に飽きた子供たちはマシュマロに夢中となる。もう誰も以前に丸鶏を地面に落としたことを笑ったりしなかった。

DSC_0521.jpg


玉ねぎの皮やちょっとした生ごみはすべて焚火にくべてみた。ティッシュもキッチンタオルもいらない段ボールもすべて燃やしてみた。ゴミが減量されてとても楽ちんだった。夜は上の娘と火をいじりながら遊ぶこともできた。ただ、蛾を捕まえて手の中に閉じ込めて遊ぶ下の娘には閉口したけれども。

焚火を楽しむ課題を無事やり遂げることができた週末。
もう1回ぐらい今年中にやってみたいなあ。
18:27  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.07.08 (Sun)

Making a fishing friend

「自分、止水苦手なんですよ」
彼の言葉には大いに同意できる。
くるぶしからモモにかけて水の流れをうけたい。
スイングで釣りたい。
フライをひったくるような魚に出会いたい。
そんな想いを胸に、お互いに場所を言わずに待ち合わせることができた土曜日の夜。

初めてにもかかわらず気兼ねなくお話することができたこと。釣り場でもいろいろとご配慮いただきストレスを感じず一緒に釣りができたこと。とっておきの車中泊ポイントを教えていただいたり。お話をお伺いする中でのこだわりが心地よく感じることができ、とても楽しくすごさせていただいた。この場を借りてお礼申し上げます。

P7070142 (400x300)

自分とは違ってよく伸びるループをみて嬉しくなりながら跡をたどる。
ときに譲っていただいたりもした。

P7080179 (400x300)


水中のストラクチャに2度も連続でひっかかり、そのたびにティペットを結びなおす。1か所で計4個のフライをロストする。でもなんかがそこにはいるんじゃないかと。そして多分潜んでいるだろうスレ鱒には小ぶりでアクセントのあるのがいいんじゃないかと思ってフライを変えて結んだ一投目。

P707045cm (400x297)

思わず声を出してしまう。ラインを出すときに恥ずかしさすら感じる大きな音のMarquis salmon No.1は、この時ばかりはサウンドが心地よい。ドボンドボンとジャンプしたときの音がなんとも心臓に悪い。糸を緩めないように慎重にね。やっぱり十勝の魚はサイズがあがっても元気がいい。そして糸の緩みを計算するかのように上流の自分に向かって突っ込んでくる。元気の塊のような体高のある虹鱒だった。

P7070148 (242x400)

上から流してみたり、下流へ大きく移動して釣れなかったり、韋駄天の豚重を食べたり。
期待しているとはいえ、本流での釣りは甘くはない。自分が釣れるのも嬉しいけれど、同行者が釣れると自分が釣れたかのように錯覚してしまってはしゃいでしまった。厳しい釣り場でどれだけその魚を求めているのかがよくわかるから。なんかこういうのもいいなと釣りしながらニヤニヤしてしまう。
二人して釣り場に座りこんだときの解放感が一人では味わえないものだった。


P7070160 (400x297)

昼寝をはさみつつも夜遅くまで本当によく遊んだ。
バックのない場所で腰までつかることを想定して14067のMKSで通したのは正解だった。スカジットコンパクトのインターは510gr。あれだけAFSが一番と思っていたのに、やっぱり本流はスカジットコンパクトだよねとあっさり鞍替えしてしまう自分。
P7070175 (400x300)

夕暮れ時にはリズムをしっかりとつかんで、ちゃんと帳尻をあわせるかのようにSt.Johnのサウンドを聞かせていただいた。さすがと感心してしまう。やっぱりきちんと釣れる釣り方をされる方は、いつかいい魚に出会うもの。

110-kenさん。また一緒に遊んでくださいね。
23:40  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。