2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.27 (Sun)

アイスクリフ?新篠津への参戦

sinさんパクらせていただきました。


朝桂沢湖に行くつもりで家をでたが、体調がおもわしくない。ついコンビニで休んで30分ぐらい仮眠をとってしまった。こんなんで大丈夫だろうか。桂沢湖のクレバスにおちたらどうしよう・・・・・・


そこで思いついたのが新篠津。通り道じゃないか。
習慣的に年券を買ってしまった新篠津には今季まだ2回しかいっていない。あまりにも桂沢湖がうまいものですから。
迷った挙句、sinさんの記事が記憶に蘇る。

「居るのに釣れない・・・それを攻略する楽しさ」

うーむ深い。深すぎる。
いつもつれない本流でひとりもんもんとしている自分らしい釣りとは何かをワカサギでも問う。





やっぱり母なる新篠津にするか。
・・・・結局Mっ気があるらしい。


7時過ぎだというのに駐車場は閑散としている。
やっぱり釣れないとリピーターが少なくなるのよね。
今季相当苦しんでいる方多いということか。

CA3A0471.jpg

テントも1張りあるかないか。

珍しく右手奥、少し離れたところにテントを設置。

まあ、相変わらず渋いですよ。
桂沢湖で有効だった袖、新篠津では全然ダメです。渋りワカサギ0.5号のほうが乗りがいい。
久々に苦しむ。

一番のりがいいのは、一匹つれたあと仕掛けを落とした直後のあたり。こいつがつかめると連続できる。あとは誘った直後のあたり。しばらくたってからの散発的なあたりにはなかなか対応できず、スレが多くなる。あと、群れが薄いらしく、エサ替えている間に群れが散ってしまう感触。

8時前ぐらいからはじめて、あまりの渋さ加減にイライラしつつ、途中突風におびえつつ、11時過ぎに100匹になってやめることにした。体を大事にということで。



今回は試してみたかったことがあった。ちょげさん流のワカサギのはずし方である。詳しくはこちらの記事中の動画をみてほしい。ワカサギの口元を容器の角に押し付ける。一見粗雑なようだが、魚体へのダメージは少ないらしく、家に帰ってきてもご覧のとおり。
CA3A0472.jpg

ほとんどみんないきているんですよ?。
手も汚れず手返しもよくなり最高です。これ、使えます。
ちょげさん勉強させていただきましてありがとうございました。


さて、今週はちびちび冷やしワカサギでも・・・・。ウヒヒ。






スポンサーサイト
20:53  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2011.02.23 (Wed)

個人輸入 最終回

おかげさまで無事とどきました。
CA3A0463.jpg


なんだかんだとありましたが、発送されてからの詳細は以下のとおり。正味10日で我が家にとどきました。USPS万歳。

Detailed Results:

At Foreign Delivery Unit, February 23, 2011, 4:00 pm, JAPAN
Out of Foreign Customs, February 22, 2011, 2:58 pm, JAPAN
Into Foreign Customs, February 19, 2011, 10:58 am, JAPAN
Into Foreign Customs, February 19, 2011, 4:30 am, JAPAN
Arrived Abroad, February 19, 2011, 1:07 am, JAPAN
International Dispatch, February 16, 2011, 11:37 am, ISC SAN FRANCISCO (USPS)
Arrival
Processed through Sort Facility, February 14, 2011, 9:53 pm, PORTLAND, OR 97238
Acceptance, February 14, 2011, 4:37 pm, WELCHES, OR 97067
Electronic Shipping Info Received, February 14, 2011

・2/14 受付・荷物の出発
・2/16 中継地であるサンフランシスコを出発。
・2/19 日本に到着。税関へ
・2/22 税関を出発
・2/23 近所の郵便局を経由

そして我が家へ。
CA3A0464.jpg

料金の明細は、

1.竿         349ドル:30162円
2.送料        27.9ドル:2405円
3.通関手数料     200円
4.関税        500円
5.消費税・地方消費税 700円

合計33,767円でした。

日本に入ってから、1400円。送料はほんとは45.4ドルだけども、ショップでの割引制度らしい。なんだ、けっこういいやつじゃん。円・ドルレートは86.18904円/ドルで計算されている。これはカード会社の手数料とかあるらしいのでしょうがないでしょう。

日本での定価57,750円。24000円ぐらい割安でした。3万円台のロッドとは思えないのですけど。

CA3A0466.jpg


思ったよりも軽い。取り回しが楽そう。そして想定どうりのミディアムアクション。
あとはこれにあのラインとあのリールをあわせて・・・・
膨らむ妄想と支払い。
いいんですよ。今シーズンはこれでビックフィッシュを狙います!!

21:04  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2011.02.19 (Sat)

個人輸入?

USPSというアメリカの郵便を利用してやってくる今回の竿。
おかげさまで無事日本についたようです。

ショップの対応はあまり褒められたものではありませんが、この運送会社については秀逸。今どこにあるのか都度状況がわかります。

ショップ→サンフランシスコ→飛行機→日本の税関

が現在のステータス。

ちなみに税関のことをcustomsというらしい。
よくわからん英文を必死になって読むので覚えました。

Japan Customs  日本の税関
Foreign Customs 外国の税関

てな感じで使うらしいです。わからない単語はググると意味がすぐでてくるので楽ですね。
19日現在、日本の税関にとどまっているらしいので、これから税関通過後、郵便局経由で届くらしい。
ここまできたらほぼ大丈夫でしょう。
あとは関税とか税関手数料とかがいくらかかるのかが心配。

来週中にはお披露目できるかと思います。




追伸
桂沢に明日出没する予定でしたが、体調がすぐれません。
すぐに帰れる真勲別に出撃いたします。
18:09  |  スペイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2011.02.16 (Wed)

個人輸入?

2月13日

なんら連絡がないのにカードの引き落とされてることに気づき、逆上してメールを送る。

Hi,
My money was paid from my bank to you at February 12.
I would like you to send my shipping information.
I'm sending you a copy of my e-mail to you again.

「俺の金2月12日に引き落とされたんだけど商品送ってんの?今までのメールのやりとりも添付するからちゃんとみとけ!ボケ!」

ぐらいの気持ちを抑えて丁寧な言葉でメールを送る。
さすがに「自分の金が銀行からおろされている」という文言には反応があった。
6時間後にメールがきた。


2月14日

Hello!
Your shipping information will not be available until later today, as we have processed the order but the order will be shipped today.
We will email you soon with the tracking number and other information.

Have a great day!

「こんにちは!注文は今日送るよう処理したので、発送情報は今日の夜遅くには使えるようになるから。すぐに追跡用番号と他の情報をメールするからね。では良い一日を!」

こいつら、確信犯なのか・・・・・・。
やっぱりアメリカ人のためか、自分たちの非を認めたり謝るようなことは絶対しないのね。
土日をはさんだにせよ、売上たててから送ってることがわかった。



2月15日
商品のレシートと、発送料の案内がきた。

商品 349.95$→引き落とし額 30162円
運賃 27.9$→引き落とし額 2405円

現在1ドル83.5円ぐらいかな?実際には手数料が2・3%上乗せされて、86.2円ぐらいで計算されている。
最初は運賃込みで30162円かと小躍りしたが、きちんと運賃分わけて後から請求された。



とりあえず送られたようなので一安心。
あとは竿がつくのを待つばかり。10日ぐらいの見込みだから今月中にはつくかなあ・・・。




12:10  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.02.14 (Mon)

個人輸入?

1月18日
オーダーした。

1月23日
在庫がないので仕入先に発注して届いてから送る、とメールがきた。


2月4日
やっぱりアメリカ時間。その後なんの連絡もないので、いったいいつ届くのかと催促のメールをしてみた。



・・
・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

2月14日
その後先方からはメールはこない。

今日、代金のカード引き落としを確認した。2月12日に引き落とされているようです。




一体どうなっているんだよ!
22:32  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.12 (Sat)

桂沢湖。

先週釣ってきたワカサギでつくられた冷やしワカサギ。
かみしめると口中に広がる魚の旨味と甘み。ほのかなワカサギの香りとともにおつまみとして1週間楽しませてくれた。

桂沢湖。うまいです。


味をしめた自分としては、いてもたってもいられず。
本日も行ってきました。

現地着7時過ぎ。ちょっと遅かったかな?テントは10張りぐらいでしょうか。想像以上に混んでいました。
先週よりもさらに水が減り、橋下はすでに釣り場として機能していません。
水深をもとめてさらに奥へといってみましたが、だんだんとぬかるむ。「氷の上に水と雪でサンドイッチ真勲別」状態。これ以上は危険かもと考え、そこそこのところで後家穴を活用。凍っている釣り座だったのでわりと楽に設置できた。先週と同じく風はない。こりゃ楽でいいや。

8時前ぐらいにスタート?

・・・

・・・・・

・・・・・・・・。

時速20匹ぐらいでしょうか。
期待に反比例してつれません。
上も下も群れが散漫な感じ。
ノットピクピクな時間が長い。
結構えさ変えてるんだけどなあ。

 アタリはあるけれど乗らない。F1ワカサギ1号の自作仕掛けに不安が。途中、袖針の1号に変えてみた。するとアラ不思議。30%ぐらいのヒット率が80%ぐらいまで一気にあがった。針全体がチビサギの口全体に吸い込まれる感じ。一気にペースがあがったんだけれども。
 今日は氷が割れる心配はないが、急に風が吹き始めた。テントの設置がペグなしで非常に適当だったため、ときどき飛ばされそうになる。そこで11時過ぎにさっさとカップラーメンを食べて、露天でやることにした。
12時ぐらいにテントを撤収。
迎えのテントの方も撤収していた。

「どうでした?」とどちらともなく声をかけられる。
自分は150匹ぐらいだった。
「今日は全体調子悪いみたいですから、それでもいいほうだと思いますよ」
先週はよかったみたいだけれども・・・・
「そうだったみたいですよね。」
上向かない調子に二人で頷きあって彼は去っていった。

さて、露天でやるか。

このとき、ついに爆発した。



猛烈な入れ食いタイムに突入。
ダブル・トリプル当たり前。餌なんて変えなくても釣れる。
ついに核爆タイムへ。風が強くなってきて寒いんだけれども、手袋をする暇なんてない。濡れた素肌に風が冷たい。あまりにもつれるので手が乾かない。タオルは既に凍っていて固くなってしまった。
1時過ぎに終了した。
CA3A0462.jpg

結果322匹。パーソナルベスト更新。

時速170匹か。もう少しやりたかったけれど、湖上の寒さが許してくれなかった。


良かった点としては袖針だろう。
「なんだよこの仕掛け袖かよ」
なんて、なめていましたが、チビサギには有効なこともあるらしいです。少なくとも今日は0.5号のF1よりも良くつれた。

掛かりが悪い時の袖、オススメですよ。
18:09  |  ワカサギ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2011.02.06 (Sun)

ムーチングに挑戦

行ってきました桂沢湖。
リンクしていただいているwakaさん情報を見ていてもたっても居られず。

行きの車中、もう「核爆」もらったとおもったね。

岩見沢まで下道を、三笠まで高速と言うパターンで、1時間半ぐらいかな。6時半すぎには着いた。
「夕張方面」「緑の橋」「川の流入口」のキーワードでグーグルマップで下調べ。夕張方面に曲がってトンネルを抜けて、大きな橋を渡った次ぐらいのトコに緑の橋があった。先行者の車もありました。

アプローチは意外とたやすい。道がついていたもんで。アプローチは5分ぐらい。ただ、かなり急勾配の部分があるので、帰りがきついかも(実際きつかったです)。
CA3A0458.jpg

「核爆」の橋直下をめざす。何箇所か後家穴がある。ここにちがいない。7時過ぎに開始。
今日はムーチングもやるのだ。「核爆」が内定している現在、マス類が生息しているという桂沢湖。きっと虹鱒たちはワカサギを求め湖を回遊しているに違いない。
自分の中ではムーチングといえば釣り吉三平、釣り吉三平といえばキングサーモン、キングサーモンといえばムーチングという公式が成り立っている。生きたピチピチのニシンが海中でとまどいながらキングに追われる絵が今でも目に浮かぶ。サーモンダービーで優勝してゆりっぺにお土産を買うのだ。。。。。。。






妄想とは怖いもので、桂沢湖がバンクーバーに思えてきた。足下をキングがウヨウヨ泳いでいる気になってきた。そして、ワカサギだけでなく虹鱒も釣れた気になっていた。


ものすんごく寒い中(テントでサシが即冷凍されるぐらい)穴を3つあけて、テントを設置。風がなく快適だ。さーて核爆になあれ。。。。。。

うん、。つれるよ。

。。。。まあ、普通かな。



真勲別と大して変わらないつれ具合。
水深は1mちょっとぐらい?相当浅い。群れが入るとパタパタつれるけれど、まったくつれない時間が結構ある。
でもね、いいんですよ。今日は。餌をゲットしたのでムーチングタイム突入ですよ。
重めの錘にマス針、ワカサギの背がけ。竿こそワカサギ竿だけど、ミニワカサギ用両軸リールはサーモンフィッシングの雰囲気をかもし出す(かもしれない)。とりあえずテントの外に1本設置。さお先には鈴をつけた。7cmぐらいとはいえワカサギだ。こいつを食らう魚はフィッシュイーターのマス達に違いない。チリンとなったらこっちのもの。


その後テントに入って釣りを続ける。まあ、ダラダラと釣れる感じ。時々外から、「バキバキッ」とか、「ミシミシッ」とか嫌な音が相当な頻度で響き渡る。橋の下にある亀裂だ。一回だけ大きな音と共に氷が揺れた気がした。一瞬体ごと氷に落ちる絵が頭に浮かぶ。
もう、恐ろしくて釣りどころじゃない。3つあけたうちの一番入口側に移動しました。

とりあえず再スタートをきったとき、「チリン」となった。
「??」
「チリンチリン」
「!!!」

きたきたああああああああ!!!!!!!


おお。ワカサギではない重量感が。魚は小ぶり?!




そしてつれた。




もうヒレピンの。

ほんとヒレピンピンの。



色合いはイトウに似ているかな。




口は鯉に似ている。
そしてヒゲはない。


奴はワカサギをマルのみにしていました。口から尾びれがはみ出ている。










終了。
もうね、この1匹で完全に気持ちが萎えた。
いいんですよ。俺には本命のワカサギがあるからさ。

ところが、なかなかペースに乗れない。時折り響くミシミシ音も集中力を鈍らせる。
この場所、だめじゃね?
11時半ぐらいで130匹。
これじゃ核爆とはいえない。

そこでいよいよ釣り座を移動。そして仕掛けも袖1.5号に変更。
風もないし晴れていたので、露天に挑戦。つれなかったら移動するつもりだった。
降りてきたとこよりも若干湖側の後家穴。
とりあえずここでいいや。

するといきなり爆発した。

入れ食いの連発。
途中声を掛けられるが、入れ食いであることを話しながら見せると、
「なんだ1匹ずつか。4匹とかじゃねえと」
と地元の人らしきおじさんに言われる。

でもその後凄いことになった。なんていってもダブルトリプル当たり前。
ついに4匹もきた。
CA3A0454.jpg

ちょいとわかりずらいでしょうか。6本の針に4匹というのは気持ちがいい。
水深こそかわらないけれど、ずっと釣れっぱなし。寒くてストーブを焚くも焼け石に水。でも釣れるからやめられない。
今日は昼ごはんもってきていないので13:00には終了。
CA3A0456.jpg
家での計量結果、321匹。パーソナルベスト更新です。90分で約180匹だから、時速120匹?
wakaさんには追いつけなかったけれど、自分的には核爆。すげえぞ桂沢湖。
CA3A0455.jpg

晴れた空。
広々とした湖面。
山を感じる自然。

とても楽しかった。








追記

あとからきた地元の人らしき人。
「どうだった?」
「まずまずだ900いったか」
「!!!!」

やはり上には上がいるものです。
きいたところ、水深のある先の方だそうです。当初橋下で4mぐらい水深があったそうですが、水が減ってきているそうです。実際に橋げたに氷のあとありました。この時期、深めのところを狙うのがいいらしいですよ。

それと、撒き餌によってくる「奴」。本日の観察により、ワカサギを口からあふれさせていました。あいつはフィッシュイーターであることも確認された現在、「撒き餌→奴がくる→ワカサギが逃げる」の法則はより一層確信することができました。つれないときは撒き餌ではなく場所を移動したほうがいいようですよ。

さあ、今日は冷やしワカサギだ!

17:55  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2011.02.05 (Sat)

我慢できない

もうだめだ!


我慢できない!!




桂沢湖行ってきます!



ついでに穴釣りの虹鱒も狙ってみます!
22:55  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。