2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.26 (Sun)

なんとか

自作羽根浮きの試し釣り。
今日の最高気温は30度を超えた。
昨日から風が強かったこともあり、昼からいつもの場所へ。

やっぱり風強い。
暴力的な日差しをかわそうとパラソルを出すも、風が危ないのでとりあえずパラソルなしで。
近くでやっていた人たちの一人のパラソルが、ちょっとしたひと吹きでパラソルがほうき状態になっていた。あれ、もうつかえないだろうなあ。骨からまがってるんだもん。

20090726.jpg

思ったよりも風の影響が浮きにでる。
今回の浮きはパイプトップという目盛。
以前、ちょげさんとこのブログで拝見した「PCムクトップ」というのは細いので、風の影響うけづらいんじゃないかなと思いつつ。次回PCムクトップのも作ってみよう。

<本日の餌>
バラケマッハ3
グルバラ2
水1
前回麩のえさの寄りがよかった、またその直後切られたので。
タナは底をとる。
1時間ぐらい打ち込んでいると、隣におじいちゃんがきた。
ひとこと、
「当たるかい?」
「すこしですかね」
うーむこういう会話してみたかった。

そうこうしている間に浮きが消しこんだ。個人的にはツンというきつい当たりを望んでいたが。これであわせなきゃなにであわせるの?的当たりで。
しかしまあ、ようやく1枚つれました。
そのあと似たようなはっきりしたあたりで連続3枚。合計4枚。
ヘラ寄ってきてます。

20090726-2.jpg

ふと横をみると、おじいちゃん、仕掛けを投げ込む時に沖にある葦に引っかけてしまっている。
よくよくみると、おじいちゃんの並継の竿、穂先がすっぽぬけている。
嗚呼、やってしまったのね。
つぶらな瞳と眼があう。
「ああ、ひっかけたんだ。」
うなずくだけのおじいちゃん。
ひっかかっている浮きを一緒に指さす。
自分の竿でひっかけてみようかと投げ入れると、自分のもひっかかって、危うく二次災害をおこしそうになった。こうなったら、泳いでいくしかないよ。でもそんなことできないよね。
虚空を見据えるつぶらな瞳はとても澄んでいた。
どうにかしてあげたくても、どうにもならない。
ふたりして沈んだ穂先と浮きを肴にたばこを吸う。
一服がおわり、ふたりとも沈黙のまま。
お互いに目で語る。
その間に会話はない。
目でどうにかしてほしいとうったえているかのようだ。
かわいそうに。
でもどうにもならないんだよ。こういうのは自己責任だからね。
冷たいなとは思いつつも自分の釣りに戻る。
まだちょこちょこ浮きにさわりがでるなあ、と思いつつ。
ふと横をみると、股引一枚のおじいちゃんがたっていた。

え?
なに?
もしかして?

おじいちゃん、おもむろに裸になった。
まるで温泉に入るかのごとく。
たぶんすべるのだろう、バランスを崩しながら一言
「深え!」
その一言を発した爺さんは、まっすぐに穂先へと歩みをすすめた。
胸まで浸かって。
からみをとって、すごいスローモーに岸に帰ってきた。
その間、あまりにも自然だったので、声すら発することができなかった。もし水難事故がおきるとしたらこういうときにおきるのではないか?もし事故になったら、自分があの穂先をとってあげなかったらになるのか?それとも止めなかったからということになるのか?
冷や冷やしながら、その非日常から戻ってきた。爺さん、水からあがると、風呂上りのように体を拭いて、何事もなかったかのように服をきた。
「よかったね」
ニヤリ。

あとは眼で語った。そうだよ、大事な道具だものね。自分もちょうど1週間前に同じ気持ちだったんだよ。

おじいちゃんのしなびたお稲荷さんは自分が寄せたヘラを1匹残らず散らしてしまったけれど、暑い日、だから風邪をひくこともないだろう。

ほんとよかったね。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング(釣り) - ジャンル : スポーツ

20:47  |  へらぶな  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.07.25 (Sat)

へらうき

とりあえず1本完成。

トップ:パイプ細1.4mm10cm
ボディ:羽根6mm9cm
足:竹

一応オールマイティタイプもしくは底タイプを想定。
一通りの作成の流れはようやくつかめた。仕上がりはとても汚いけれど、記念すべき1本。
おそるおそる風呂場で浮かべると、ちゃんとまっすぐに浮きました。

20090725.jpg

なかなか難しいし手間もかかる。しかし子供の頃憧れだった、でもどうやっても仕上げることができなかった1本をどうにか作ることができた。
これからいろいろ工夫を加えてみよう。

まずは明日試し釣りしてきます^^
21:27  |  へらぶな  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.07.21 (Tue)

やられた

20090721103807
先週末はとても暑かった。
いつもの公園へ昼からいってみた。暑いせいか浮きはピクリもしない。まわりはポツポツ、魚がいる雰囲気もある。店員さんに教えてもらった底の両ダンゴから釣り方をかえるときか?
餌を麩メインにして宙釣りにチャレンジ。こんなんで釣れるのか?と思いつつも早速当たります。

バシッ
あわせたらのった。やった。
ググッ、ギュン!
デカい。鯉か?

バチン!

…切れた。
まあしょうがない…っくない!
うわ、道糸から切れて浮きがながされてるょ!アーやっちまった。普通に釣れるから気に入ってたのに。予備のもないので本日は終了。ながされていく浮きをみながら竿をたたむ。この喪失感。ロッドティッブを折ってしまったかのような。

また浮き買ってくるまで釣りができない!?
……否。


作ります。
10:35  |  へらぶな  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。